普段の通勤電車はそれこそ満員電車なので、それほど座席に座れるなんてことを期待したりしていません。
私は電車に乗っている時間も短いので、立っていることがそれほど苦痛に感じることもないので、あまり気にしていないのです。
もちろんぎゅうぎゅうの満員電車は快適かと言われればそうではありませんが、まあ、仕方ないものだと思っています。
しかし、昼間の電車は朝とは比べ物にならない穏やかさで、あまりに空いていたので、つい腰掛けてしまいました。
そのときに、やっぱり電車の座席に座って移動できるというのは、ずいぶん楽だなと感じました。
ふかふかのシートに、窓から入る日差しが気持ちよくて、仕事の移動中だというのにうつらうつらしてしまうほどです。
毎日の通勤や通学で、一時間近く電車に乗って通う人というのも少なくはないと思います。
一度こういう経験をしてしまうと、そういう人たちが、何が何でもシートに座りたいという気持ちもわからなくはありません。
しかし、うっかり寝過ごしてしまったりする可能性もあるので、私の場合には、やはり立って乗車するようにしたほうがよいかもとも思います。