この間、彼と幼児とお茶漬けを食べたときのストーリーだ。わたしのマイホームは、お茶漬けといったら、なんの多種のお茶漬けだろうと、お茶をかけて食べるのがお茶漬けだと思っていました。外食で、しばしばお大きいホテルなんかで生まれるお茶漬けは測定しないとして、家で取る茶漬けは、梅だろうが鯛だろうが鮭だろうがなんでもお茶をかけます。それが、普通のことだとおもって生きてきました。しかし、彼と結婚してお茶漬けにお湯を掛ける顧客が要ることを知りました。お茶漬けの素にはほぼお茶の味がついているのだから、そっちいじょう濃くする必要がないという体系らしいのですが、やっと見たときはショックでした。これが、育ってきた情勢の幅かと思いました。課題はもどしますが、こんな食べ方の違う両人と幼児でお茶漬けを食べたタイミング、幼児はお湯のお茶漬けのユーザーを選んで食べました。いわば独自取り残された内面になりました。だからといって、お湯茶漬けにかえるつもりはないですが、でも幼児は恐らくこのままお湯をかけて摂るんだろうなと思います。こんな茶漬けについて喋ることのできる四六時中で身ははなはだ幸せです。