昨今6か月のお子さんがいらっしゃる。お子さんは5か月目に入った間から離乳食を始めました。始めはお粥から始めました。ようやく食べたときは、「なんじゃこりゃ!?」というような表情をしていました。後々数日間お粥のみで食する習得をしましたが、最初は何しろ賢く食べてくれずに、ほんのり心配でしたが、離乳食開始から2ウィークほどしたら少々慣れたのか己口を開けてくれるようになりました。お粥の次は、ニンジンを追加しました。初めてのテーストに驚嘆のか、口に入れた時変な表情をしましたが何度か口に入れていくうちに美味しそうに食べ始めました。少しずつニンジンの量も身辺増やしていって、野菜のバリエーションも今ではニンジン以外にもかぼちゃ、ホウレンソウ、トマト、キャベツ、さつまいもも上手に食べます。しらす干しも塩分カットしたものを添付状につぶし食べさせていらっしゃる。離乳食開始から1か月後には2回食にしました。今では真昼と、夕暮れにあげていらっしゃる。感情が悪いと3分の1ほど記しますが、大体各回お菓子できるのでうれしいです。足脱毛

嫁入り思い出お日様はお互いに贈呈はなしで、そのかわり近くのキッズルームが生じる居酒屋で美味しいものを食べてノン焼酎で乾杯しようと彼氏と公約をしていました。しかし上のお子さんが鼻風邪をひき、下のお子さんにもうつり外食は出来なくなりました。常に一家に養育に追われ一年中が過ぎて行きました。感冒で寝付きが小さい子供達をついに寝かしつけると彼氏に「嫁入り思い出お日様だね」と言われていまが思い出お日様だった事を思い出しました。のち何歳したら思い出お日様の食生活を徐々に食べれるかなとお互いに子供達の寝顔を見ながら課題をしました。あたいが食べさせてる間に早食い戦いのように食生活を済ませてもらえる彼氏。彼氏が食い切ると赤ん坊を任せてこれまた早食い戦いで食生活を終わらせ一家をすませる身辺。でも子供達の寝顔を見て2人でほんのり風邪引きだけどいつもとかわらぬお日様で良かったねとも話しました。久しぶりに彼氏とじわじわ談話が出来、贈呈やたまにはの外食もなかったけれど子供達と微笑みながら常にとかわらず過ぎた事が幸せな感じ取る思い出お日様でした。ミュゼ Vライン