運命の一発勝負で降格の一つが決まる公算もある

明日でJ1最終節が明日行われますが既に浦和レッズのセカンドシーズン制覇して年間順位で成績で決勝で戦うのかどうなのか決まる試合となる。
しかし、この裏ではJ2へ降格すると言うが既にアビスパ福岡、湘南ベルマーレが降格を決めている。

この降格もあと一つと言うがこの降格の争いはに名古屋、磐田、新潟、甲府が争う形になる。
前節はすべてのチームが負けた事でますます混戦になってきたと言うが特に名古屋はヴィッセル神戸に苦手意識もあった事で負けたと言う。

ジュビロ磐田も終盤に浦和レッズに終盤に得点をされた事で優勝を見てしまったと言う。
一番降格が近いのが名古屋だと言うが実はアルビレックス新潟の方が危険があると思われている。

前節ガンバ大阪では退場者が外国人も含めて3名の退場者が出た。
これにより最終節には出場が出来なくなったと言うがこれが奮起する選手もいる事でかなり燃えているかも知れない。

実はオレンジのユニホームはここ2年で降格をしているので危険もあると言う事になる。
明日はすべて同じ時間でkick offなので注目だと思っているのです。酵素水 売ってる場所