日常と貫く一年中だけど幸せな婚礼思い出お天道様

嫁入り思い出お日様はお互いに贈呈はなしで、そのかわり近くのキッズルームが生じる居酒屋で美味しいものを食べてノン焼酎で乾杯しようと彼氏と公約をしていました。しかし上のお子さんが鼻風邪をひき、下のお子さんにもうつり外食は出来なくなりました。常に一家に養育に追われ一年中が過ぎて行きました。感冒で寝付きが小さい子供達をついに寝かしつけると彼氏に「嫁入り思い出お日様だね」と言われていまが思い出お日様だった事を思い出しました。のち何歳したら思い出お日様の食生活を徐々に食べれるかなとお互いに子供達の寝顔を見ながら課題をしました。あたいが食べさせてる間に早食い戦いのように食生活を済ませてもらえる彼氏。彼氏が食い切ると赤ん坊を任せてこれまた早食い戦いで食生活を終わらせ一家をすませる身辺。でも子供達の寝顔を見て2人でほんのり風邪引きだけどいつもとかわらぬお日様で良かったねとも話しました。久しぶりに彼氏とじわじわ談話が出来、贈呈やたまにはの外食もなかったけれど子供達と微笑みながら常にとかわらず過ぎた事が幸せな感じ取る思い出お日様でした。ミュゼ Vライン